相続した不動産を売却して車を購入しました

買い取りの問い合わせが来た

しかし防草シートを敷いても、横から雑草が生えてきますし、農業をしない土地を所有していたら税金面でも優遇してもらうことはできません。
結果的に不動産を所有しているだけで経済的な負担になってしまうので、祖父は父と孫である自分に不動産を相続できるものは手続きを行い、それ以外は売却することに決めたようです。
自分も山林の土地を少しですが相続したものの、使い道がないのでほとんど利用することはありませんでした。
春先に筍が生えてくる時期だけ、友だちを誘って筍堀りをするくらいで、それ以外は山に出向くことすらありません。
相続してから5年ほどは放置した状態になっていましたが、ある時、地元の不動産業者から所有している山林の不動産を売却するつもりはないかという問合せがありました。
自分が所有している土地と隣接した部分を所有している持ち主が売却したいと考えているようで、その土地に興味を持っている人ができればまとめて買い取りたいと考えて居るという事でした。
自分が相続した範囲はそれほど広くなかったものの、まとめて買取るときにちょうど中央部分に位置しているようで、是非買い取りたいと言っていることがわかりました。

実家の使ってない田んぼの管理が大変買い取りの問い合わせが来た売却した土地にスーパーができて嬉しい業者の直接買取りの方法で不動産を売却しました