相続した不動産を売却して車を購入しました

売却した土地にスーパーができて嬉しい

山奥に位置していることもあり金額的に売却しても大した金額にはならないことがわかりましたが、これから使う当てもありませんし、両親に相談をしたら好きにしたらいいと言ってくれました。
そこで売却することを決めたら、ちょうど軽自動車を購入できるくらいのお金になることがわかりました。
以前から親の中古自動車を運転していましたが、そろそろ新車が欲しいと考えいたので、ここさいきんはずっとボーナスを全て貯金していました。
不動産を売却した金額を合わせたら、欲しいと考えていた車種が手に入ることがわかったので、すぐに手続きをしました。
おかげで欲しい車を手に入れることができ、祖父には感謝の気持ちでいっぱいです。
車のローンを組むことも考えましたが、やはり現金払いの方が借金を背負っている気持ちがないので気が楽です。
売り払った不動産は、大きな小売業者が買取りをしたようで、そこにスーパーが誘致されるということです。
小さい頃からずっと遊んでいた山が取り壊されるというのは寂しい気持ちもしますが、時代の流れで仕方がないのかもしれません。
それに近くにスーパーができるのであれば、徒歩圏内ですから便利になると考えると少し嬉しい気持ちがあります。

実家の使ってない田んぼの管理が大変買い取りの問い合わせが来た売却した土地にスーパーができて嬉しい業者の直接買取りの方法で不動産を売却しました